仏陀倶楽部では誰であっても仏教を学び僧侶になれる”得度”への道をご用意しております。

ほとんどが自己満足の「見栄」

誰にでも「人によく思われたい」という気持ちがあります。 人によって「よく見せたい」と思う分野はさまざまでしょう。 経済的に余裕があるように見せたい人。 家柄が良く、文化的に見せたい人。 知識が豊富で「知的」に見せたい人もいるでしょう。 残念ながら、よ […]

自信がなくても行動しよう

ボクは髪の毛を永久脱毛しています。 「増やしたい!」と考える人が大半の中で坊主にしていると、「自分に自信があるんですね」などと言われます。 でもボクは、自分に自信があったから髪の毛を脱毛したのではありません。 まだ20代で髪の毛が薄くなってきたときは […]

「自信」なんてなくていい

まわりからの評価を気にするあまり、 「自分に自信がなくて、人生がうまくいかない」 と相談を受けることがよくあります。 でもほとんどの場合、「自信がない」根拠は、自分の周囲にいる人くらいと比べ て劣っていると思っているだけ。 あなたがまわりより走るのが […]

評価されることを目的にしない

自己肯定感について 最近は「自分はここにいる価値があるのだろうか」と不安を感じる若者が増えています。 おそらく「他人の評価」を気にするあまり、誰かに認められないと自分の価値がないと考えてしまうのでしょう。 他人に認められて、初めてあなたの価値が生まれ […]

怒らなきゃいけない場面などない

心理学などでは、怒りはため込まないで発散させたほうがいいという考えがあります。 あなたも、「怒るべきときもあるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。 一般的に怒りのピークは6秒で、それをやり過ごせば、あとあと後悔するようなことを口走らなくて済むと言 […]

仏教ではどんなときでも 「怒り」はよくないとされている

仕事が思うようにいかない、人からイヤな態度をとられた、順番待ちが長くてイライラするなど「怒り」を感じる場面は、日常的にいろいろとあるでしょう。 「怒り」は、爆発させれば人間関係にヒビが入りますし、ぐっと飲み込んでもストレスがたまる。 怒りの対応は誰に […]

>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG