誰であっても僧侶になれる「得度」への道をご用意しております

自分が主語の人生

先日、学生時代からの友人と久しぶりに会った。私の本当の家族事情を知る数少ない人物である。(毒親アルアルで私の父親は外ヅラはとても良い。よって、私のイメージは昔から親不孝者である。)

友人とお互いの近況報告をしたので、当然のように父親が原因の体調不良に私が悩まされている話題にもなった。それに対して友人が、

もう自分の幸せだけを考えて、自分が主語の人生にするべきだ!そして、お前は幸せにならないとダメだ!」と言われた。

小学生の時から「クソ親父を見返してやる!」ことを前提においた人生を送ってきた。体調不良に陥った最近は「クソ親父に殺されてたまるか」と「俺はクソ親父に殺される運命なのか」の感情が交差する日々である。

“自分が主語で幸せになる人生”とは何なのか?
私が出した答えは、「幸せになると決まっている!」を常に意識することであった。そして、意識することで早くも変化が訪れてきた。

何故か尊敬する友人達から吉報が届き、それが自分のことのように嬉しくて仕方ないのだ。加えて、次は間違いなく自分にも幸せが訪れると確信できるのである。

僕の人生はボクシングの試合で勝利する事以外で幸せは得られない。そう決めつけていた面があったことも否めない。今こうして勝利とは別の幸せを僕も得られる。それに気づかせてくれた友人に感謝である。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

仏陀倶楽部入会申込

仏陀倶楽部入会案内

得度について

得藏寺 得度

仏陀倶楽部公式LINE

仏陀倶楽部公式LINEバナー (1)

この記事を書いた人

仏陀倶楽部事務局

目次