誰であっても僧侶になれる「得度」への道をご用意しております

私の役割とは?

これからの「日本」という国を支え、発展させていくためには、若者たちのチカラが必要不可欠である。

経験を蓄えている高齢者の存在も、大変重要なのだが、やはり行動するのは若者であろう。

多様な価値観を認め、ジェンダーレス、共生社会への理解を体感している今の若い世代には、我々世代には持ちえなかった「価値観」をごく自然に備えていると思う。

とても頼もしく感じる一方で、不安に思えることも存在するのもまた事実である。

十代の人たちと関わる時間が比較的長期にわたっているので、その変化が気掛かりである。
その最たる物は、リアルな人間関係を好まない傾向が年々、益々強くなっているように感じることだ。親友と言えるような友人を求めていない、学校やコミュニテイで、一定時間共に過ごす仲間はいるが、プライベートまでその関係を続けようとはしない。他人を批判したり自分の主張を押し付けたりしない代わりに、自分以外の人に対する興味、関心がとても薄い。などなど・・・。

面倒くさい人間関係をできる限り避け、他人の領域にズカズカ入り込まない代わりに、自身の領域にも絶対に侵入させない。そんな薄ーい人間関係を好む、ように思えて仕方がない。

確かに、人間関係というものは、面倒なもので、家庭、学校、地域、社会、どの領域にも存在する人との関りは、時にイライラしたり、怒りが湧いたり、気を遣ったり、心にもないことを言わなくてはいけない場面などもあり、厄介で面倒くさいのは事実だ。

でもでも、一見厄介に見える、こうしたマイナスイメージの人間関係の中から、実は本当の共感や他者理解、友情や愛情、思いやる心などが育まれるのだと思う。

一瞬の面倒や厄介に囚われることなく、その先にある真の大切な人間関係に一人でも多くの若者が気付いてくれるように導く事に、残り少ない人生を賭けていきたいと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

仏陀倶楽部入会申込

仏陀倶楽部入会案内

得度について

得藏寺 得度

仏陀倶楽部公式LINE

仏陀倶楽部公式LINEバナー (1)

この記事を書いた人

目次