「自信」なんてなくていい

まわりからの評価を気にするあまり、 「自分に自信がなくて、人生がうまくいかない」 と相談を受けることがよくあります。 でもほとんどの場合、「自信がない」根拠は、自分の周囲にいる人くらいと比べ て劣っていると思っているだけ。 あなたがまわりより走るのが […]

評価されることを目的にしない

自己肯定感について 最近は「自分はここにいる価値があるのだろうか」と不安を感じる若者が増えています。 おそらく「他人の評価」を気にするあまり、誰かに認められないと自分の価値がないと考えてしまうのでしょう。 他人に認められて、初めてあなたの価値が生まれ […]

怒らなきゃいけない場面などない

心理学などでは、怒りはため込まないで発散させたほうがいいという考えがあります。 あなたも、「怒るべきときもあるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。 一般的に怒りのピークは6秒で、それをやり過ごせば、あとあと後悔するようなことを口走らなくて済むと言 […]

仏教ではどんなときでも 「怒り」はよくないとされている

仕事が思うようにいかない、人からイヤな態度をとられた、順番待ちが長くてイライラするなど「怒り」を感じる場面は、日常的にいろいろとあるでしょう。 「怒り」は、爆発させれば人間関係にヒビが入りますし、ぐっと飲み込んでもストレスがたまる。 怒りの対応は誰に […]

「何のためにしているのか」 わからない努力はやめよう

よくご相談を受けるご夫婦の悩みにこんなものがあります。 夫は「家族のため」と考えて、残業して休日も出勤してひたすら働いている。妻も、忙しい夫のために、家事を完璧にこなし子育ても一人で引き受け奮闘しています。 お互いのためを思って努力をしているはずなの […]

ギブ&テイクの愛は不幸を招く

執着を生む原因とは あるとき、ボクは知り合いの男性からこんな相談を受けました。 10年以上も付き合っている彼女がいて、「行きたい!」と言われる場所には必ず連れていき、「欲しい!」というものは、ほとんど買ってあげている。 それなのに、自分から「ここに一 […]

仏教で「愛」にあたる言葉は慈悲

現代の日本で「あなたの人生で、最も大切なものは何?」と聞くと、「愛」と答える人がダントツに多いそうです。 多くの人がイメージする「愛」は、誰かを好きになることだったり、人に親切にすることだったりと、ポジティブなものでしょう。 子どもやペットをかわいが […]

お金は「体験」するために使う

アメリカで、90歳以上の人たちに「 90年の人生で、後悔していることはありますか?」とアンケートを取ったら、 「もっと冒険しておけばよかった」 という答えが1位だったと言います。 これはつまり、お金の使い道として、「思い切って、無難なセダンではなく、 […]

>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG