仏陀倶楽部では誰であっても仏教を学び僧侶になれる”得度”への道をご用意しております。

お金は死んでから使うのではなく、 今を生かすために使う

葬式仏教の弊害 多くの人が仏教を「自分とは関係ないもの」と考えがちな大きな理由として、お葬式の仕組みが明快でないことも挙げられます。 人類は、どんな国でもどの宗教でも、そしてどの時代でも、さまざまな形でお葬式 を行なってきました。 でも、日本では葬儀 […]

仏教を「自分ごと」にしてみよう!

人生はつねに悩みや迷いがつきまとうものです。 だからこそ、仏教を頼りにしてほしい。合理的に利用してほしいと思っています。 ただ、もっと言えば、仏教はつねにそばにあるのですから、あなたの考え方のベースとして頼りにしてほしい。 それこそ、仏教を「自分ごと […]

「過去や未来にとらわれない」 それが「今を生きる」親鸞の教え

浄土真宗は、死後について考える宗派だというイメージがあります。 「“南無阿弥陀仏”と唱えれば、極楽浄土に行ける」という基本の教えからすると、 そう思ってしまうのもムリはないでしょう。 しかし親鸞は、法然の教えをさらに突き詰め、死んだあとに幸せになるの […]

「努力」は誰のためにする?

「他力本願」とは、決して何もかもあるがままに任せて、何もしないということではありません。 ときには、寝る間も惜しんで力を尽くすこともあるでしょう。 でも、何のために「努力」をするのが大切なのか。 ちょっと考えてみると「他力本願」の教えが理解しやすくな […]

>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG