諸行無常(しょぎょうむじょう)日常での仏教用語

「世界のあらゆるものは日々変化し続ける、永遠に続くものなど無い」

「諸行(世の中のあらゆるモノ)無情(永遠に変わらない物など無い)」という意味です。

四時熟語でもありますので、文字ごとに意味をみてみましょう。

  • 諸:様々な、多くの、色々な
  • 行:行い、出来事
  • 無:無い、否定の意味
  • 常:変わりない、いつもと同じこと

人はいつか死ぬ、今の環境や健康、さらには愛用しているモノなどが、いつかは終りが来る・壊れると頭ではわかっていても、心の中では今日は大丈夫、まだ大丈夫と信じ込むのが人間です。

「大切なもの、大事なものは永遠であって欲しい」

こう思うことが当たりまえです。

しかし…

美しい花もいつかは枯れます。

楽しい時間も終わりの時が訪れます。

若さは年を重ねることで老いていきます。

諸行無常とは、変化していくことを受け入れること、そして今この一瞬一瞬を大事にすることを教えてくれています。

 

 

donation-buddha

最新情報をチェックしよう!
>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG