NO IMAGE

「過去や未来にとらわれない」 それが「今を生きる」親鸞の教え

浄土真宗は、死後について考える宗派だというイメージがあります。

「“南無阿弥陀仏”と唱えれば、極楽浄土に行ける」という基本の教えからすると、 そう思ってしまうのもムリはないでしょう。

しかし親鸞は、法然の教えをさらに突き詰め、死んだあとに幸せになるのではなく、 現世を積極的によりよく生きるためのものとしようとしました。

親鸞は「即得往生」という仏教の言葉をこう説明しています。

即得往生の意味とは

「“即得往生”とは、そもそも信心をいただければ、命を終えたときすぐに浄土に生まれ変わることができるということです。しかし、私は、死んでから浄土に往くということではないと考えます。“即得往生”とはすなわち、不退転の境地に住むことなのです」

「不退転の境地」とは、人生のどんなできごとにも負けたり逃げたりせず、自分の人生に意義と希望を持って生きるという意味です。

つまり、親鸞の教えに従えば、死んだあとではなく、今すぐに自分なりの人生に取り組むことができるという意味なのです。

また親鸞は「不退転の境地に住む」ということは、つまり「浄土に生まれると定められた人の仲間になった」ということでもあると言っています。

自力を捨て去り、他力に任せることができるようになったとき、浄土に生まれると信じることができる。

行く先がハッキリしたことで、この世での不安や心配は消え去り、過去や未来にとらわれることもない。

何も恐れることなく、「今」を積極的に生きることができるようになると説いているのです。



仏陀倶楽部 代表
愛葉 宣明(あいば のぶあき)
法名:釋 明徳

donation-buddha

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG