NO IMAGE

ほとんどが自己満足の「見栄」

誰にでも「人によく思われたい」という気持ちがあります。

人によって「よく見せたい」と思う分野はさまざまでしょう。

経済的に余裕があるように見せたい人。
家柄が良く、文化的に見せたい人。
知識が豊富で「知的」に見せたい人もいるでしょう。

残念ながら、よく見せたい人ほどそう見られず、隠したい人ほどにじみ出てしまうものです。

ボクはというと、今はあらゆることに対して「執着がない」「こだわりがない」と 言えるかもしれません。

でも昔のボクは、今と違い、ほんとうにくだらないことで見栄を張っていました。

「儲かっている」「オシャレ」と思われたいがために、高級ブランドの限定バージョンの時計を「右腕」にする。

なぜなら、雑誌に「こだわりのある人は右腕に時計をする」と書いてあったから。

また、右腕に時計をすると、右利きの場合、よく動かして使う機会が多い、つまり、時計を見せびらかすチャンスが増えるからです。

会社の借金も儲けも現実より大きな数字を言っていました。 でも、世の中はその時計がホンモノかニセモノかも興味がない人が大半です。

また、そんなものを見せびらかしても嫉妬されるばかりで、いいことはあまりありませんでした。

ボクは、「見栄」は、ほとんどが自己満足だとあとから実感したのです。

見栄とプライドの違い

ここで一つ、お伝えしたいのが、「見栄」と「プライド」は違うということです。

見栄は、まわりに対し、自分を実際以上によく見せようとする気持ちのこと。

一方でプライドは、自分自身や自分の言動に対する誇りのことです。

言葉を変えれば、見栄が「こう思われたい」という外側を意識した気持ちに対し、プライドは自分の内側に目を向け、自尊心を維持する心です。

そのためプライドは、自分を奮い立たせるエネルギーとなることも多く、手放す必要はないと考えます。

多くの見栄は、お金や知識など「自分には足りない」と思っているものがあることから生まれます。

ボクは、足りないものに目を向けるのではなく、今あるものを知り、すでに手にしている幸せを最大化していくことが、よりよい人生を送る近道だと考えます。

今に不満を抱え「足りないものを手に入れたら幸せになれるはず」という考えだと、 何かを手にしてもまた、新たに満たされない思いが出てくるばかりです。

見栄を少しずつ減らしていくためには、自分なりの幸せを追い求めてみることから 始めるのもいいでしょう。

donation-buddha

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG