NO IMAGE

「足るを知る(たるをしる)」

ノーベル経済学賞を受賞した経験のある心理学者、ダニエル・カーネマン教授の研究によると、人の幸福度は「年収7万5000ドル(約900万円)」までは金額に比例して上がりますが、この金額を越えると比例しなくなるそうです。

日本でも、年収が800万円を越えると、人生の満足度が下がっていくという研究もあります

あなたはこの調査結果が意外だと思うでしょうか。?

もちろん、収入が少なくて、満足がいくほどの食べものが得られなかったり、住むところにも困るようだったら、お金を得ることが直接、幸せにつながるでしょう。

でも、人の幸せには、健康、夢、人間関係などお金以外のいろいろな要素が影響します。

たとえば、ほとんどの人は、年間300万円の給料をもらえる会社と、1000万円もらえる会社だったら、1000万のほうが「いいに決まっている!」と考えるで しょう。

でも、1000万円のお給料が、休みなく働いて体を壊し、家庭も崩壊するという 犠牲の結果の上に成り立ったものであれば当然、幸せの決算は赤字です。

「収入は多ければ多いほど、いいもの」というわけではないのです。

ボクは、お金を求めるのが悪いことだと思っていません。

お金があれば、大切な人や家族を守ったり、やりたいことができる確率も高くなるでしょう。

でも、他人にあって自分にないものにばかり目を向けて、すべてを欲しがっていた ら、いくら収入があっても足りません。

心から幸せを感じる日々を送るためには「足るを知る」ことが大切です。

「足るを知る」と言う言葉の意味は、一般的には「必要最低限でガマンする」と思われがちです。でも、ボクの解釈は違います。

「足るを知る」というのは、自分の外側にあるものに心を動かされて欲しがるのではなく、今すでに満たされていることに気づくことだと考えます。

これはすべての人に言えることではないかもしれません。

今日食べる物に困ってい る人に「足るを知る」と言えるでしょうか。

ただ、少なくとも今、この本を買う余裕のあるあなたであれば、ないものを求める 前に今ある自分に感謝することができるはずです。

donation-buddha

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG