NO IMAGE

お金は「体験」するために使う

アメリカで、90歳以上の人たちに「 90年の人生で、後悔していることはありますか?」とアンケートを取ったら、

「もっと冒険しておけばよかった」

という答えが1位だったと言います。

これはつまり、お金の使い道として、「思い切って、無難なセダンではなく、カッコいい車を買っておけばよかった」 「もっと大きな家に住みたかった」「もっとブランドもので着飾りたかった」などではなく、冒険という体験をしておけばよかったということです。

もちろん、欲しかったものが手に入れば、幸せな気分になるでしょう。

ところが、どれだけ手に入れたいと願ったものでも、その喜びは買った直後がマックスで、そこからは下がる一方だと言われています。

せっかくお金を使うなら、より多くの幸福感を得られる使い方をしたほうがいいと ボクは考えます。

そのためには、「体験」を買うことが大きなポイントなのです。

「体験」とは、特別な食事やコンサート、旅行など、モノではなく形のないものです。

もちろん「冒険」という意味を含めれば「スマホを持たずに、知らない駅で降りる」「バンジージャンプをする」「富士山登山をする」「世界一周旅行をする」など、いくらだって考えつくことができます。

なぜ「体験」の幸福感が高いかというと、旅行を例に挙げるとわかりやすいでしょう。

行く前からその土地には、どんな見どころがあって、どんな名物があるのか調べるだけでもワクワクしませんか?

もちろん「モノ」について、手に入れたらこうしよう、ああしようと考えるのも楽しいでしょう。

でも、体験や冒険には、終わったあとも喜びを持続させる効果があります。

特に友人や家族など、誰かとともに出かけた旅行は、一緒に思い出を振り返るたび に、また楽しい気持ちがよみがえるでしょう。

体験や冒険は人と比較することがないのも、いいところです。

どのブランドの時計、どの年式の車を買ったかと他人と比べることはあっても、体験のおもしろさを競い合うことはないでしょう。また、何かを体験するには時間が必要です。

ボクは、時間には限りがあり「時間=命」だと考えて大切にしていますから、お金を命のために使うのが、何かを体験することだと考えています。

さまざまな体験は、自分でも思ってもみなかった心の動きや行動などを見つめ直す よい機会になります。

たとえば、旅行中に現地の珍しい食べ物にチャレンジしたり、その土地ならではの 小物を手に入れたりすることが楽しければ「自分は新しい体験で幸せを感じるんだ」 と知ることができます。

そうして体験を重ねることで、自分がほんとうに大切にしたいものがよりくっきりと見えてくるようになるでしょう。

今はコロナ禍で旅行といった体験はむずかしいかもしれません。でも、こんなときだからこそ、大切な人と時間を共有する価値が高くなっている。

お金を使うときに少し思い出してみてください。

donation-buddha

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜人生を変えるのに修業はいらない〜

〜人生を変えるのに修業はいらない〜

仏教倶楽部 代表 愛葉宣明 新刊「わきまえない僧侶のありがたい教え」

CTR IMG