誰であっても僧侶になれる「得度」への道をご用意しております

釈迦力に他力

人は皆、死に向かって懸命に生きています。その死に至る生きる日々は、その死の正体が分からなく恐ろしいと感じることも含めて一切皆苦であります。しかし私達の身体は意識や心に関係なく、解剖学的にも不随意運動などによって、生きようとします。

そのため、超自然的にその生きるが終わる死に対する方法やあり方よりも、今どう生きるかが永遠にテーマとなり、様々な方法やあり方が提案され続けています。その答えもお釈迦様が一番わかりやすく教えてはくれています。

様々な生き方指南がありますが、おおよそ共通しているのは“今この瞬間を大切にする”ということではないでしょうか。

このような生き方をしている人を“ナウイスト”といったりもしますね。

今この瞬間に目の前に起きている事象に対して全力で当たる。ここで誤解しては行けないのは、全てに対して能動的であれと言っているのでは無く、休む、眠る、サボるといった事象に対しても全力であることが重要であるということです。

何に対しても全力で一生懸命、または一所懸命に生きる姿を想像すると、個人が個人として高まっていく、高めていくイメージになりやすいような気がします。それはそれでいいのですが、やはり人は一人では生きていけません。この全力で一所懸命、または一生懸命である様をお釈迦様はこのように教えてくださいます。

“しゃかりき”であると。しゃかりきを漢字に変換すると、釈迦力となります。死に向かい、今この瞬間を全力で一所懸命、一生懸命生きることは、お釈迦様の力そのものであると私は理解しています。

そして、衆生の人それぞれにそれぞれが個別に尊く、自力であれると知るだけでなく、お釈迦様の力、お釈迦様の500の本願に帰依する、ついては阿弥陀さまの42の誓願に帰依するという解釈が、“しゃかりき”を通してできると思います。これこそ他力の状態でもあります。

他力は誤解を生みやすい考え方であると思う。

しかし個人が今この瞬間を一所懸命、一生懸命に生きることを「釈迦力(しゃかりき)に生きる」と表現すると、衆生を余すこと無く救うことをも同時にはらみ、これぞ他力を正しく解釈し実践する景色が見えてくるようであると私は思うのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

仏陀倶楽部入会申込

仏陀倶楽部入会案内

得度について

得藏寺 得度

仏陀倶楽部公式LINE

仏陀倶楽部公式LINEバナー (1)

この記事を書いた人

目次